全く同じロレックスでも

ロレックス買取の査定額を大きく左右するポイントのひとつが、タイミングです。ボーナスが出る時期や、クリスマス前というのは、高級時計が多く売れる時期です。その為、業者はこの時期に品切れになる事がないように、しっかりと在庫を確保しておきたいと考えます。

買取業者が、通常よりも高い査定額で買取をするキャンペーンを行っているのを見た事がある人も多いでしょう。こうしたキャンペーンは、ボーナス前やクリスマス前等に多く行われる事になります。

同じ状態のロレックスでも、こうしたタイミングを利用する事で、より高く買取して貰う事ができます。

壊れた時もタイミングのひとつ

査定に出す時、高額査定になりやすいのは、問題なく動いている時計です。買取をして貰いたいと考えているロレックスが故障をしており、動作に問題がある場合、修理をしてから査定を受ける方が良いと考える人は多くいます。

ですが、修理の際に純正部品以外が使われると、動いていてもその価値は一気に下がる事になります。更に、純正部品を使って修理をして貰ったとしても、アップする査定額よりも修理費用の方が高くなってしまう為、修理をしてから査定に出すという事はおすすめできません。

今後も使いたいのであれば、修理は必要です。ですが、買取をして貰いたいと考えているのであれば、修理をせずにそのまま査定に出した方が、損をせずに済む事になります。

壊れた状態で査定に出すというのは、珍しい事ではない為、ロレックスが動かなくなったら、査定に出すタイミングと考えておいて良いでしょう。

高級腕時計のロレックスは「資産」になります。そのため、資産としていざという時のためにロレックス買取をしてもらえること前提に購入します。