横型は上下に移動させて採光などを調整する

住宅の窓からは、閉めていれば光が入ってきたり、寒さや暑さを遮れます。ただ、夏の昼間はすべての熱を遮られません。さらに、激しい光が入ってくると、生活に支障が出ます。それを防ぐためにある仕組みを設置します。その一つとしてブラインドがあります。よく知られているタイプとして、横型があります。一つ一つの羽根が横長になっています。その羽根を垂直にすれば、光などを遮れます。平行にすれば、適度に光を遮れます。左右に調節のための紐がついていて、それによって採光などをする部分を上下に移動できます。窓の半分ぐらいまでにして、その部分を完全にシャットアウトしたり、すべて下ろして、少しだけ光が入ってくるようになどが可能になります。

大きな窓などでみられる縦型のブラインド

住宅の窓には、人の体の半分ぐらいの窓から、ベランダなどにある人の体以上の高さのある窓までがあります。体の半分ぐらいの窓であれば、光を遮るのもそれほど苦労しません。しかし、ベランダの窓などは非常に大きいですから、光を遮るのも大変になります。この時に利用すると良いのが縦型のブラインドです。羽根は上から下に縦についています。調節をすると、左右のどちらかから、一方に広がるようになっています。完全にシャットアウトしたければ、すべて広げて、さらに羽根がすべてこちらを向くようにします。少し光を入れたいなら、斜めぐらいの所で留めると良いでしょう。部屋が広いときも使いやすいです。いる部分だけ暗くして、いない部分だけ明るくするなどができます。

自分の欲しいデザインのブラインドはなかなか見つからないものです。そういったときは、オーダーのブラインドを利用すると、納得のいくブラインドを手に入れられます。