機械式時計とメンテナンスの関係性

アナログ時計と異なり、機械式時計はその繊細な部品が織り成す機能美が魅力の時計です。高級ブランドやアンティークモデルなど、様々な人気モデルがあります。そんな機械式時計を長く使い続けるためには、定期的にメンテナンスする必要があるのです。時計本体を分解し、中の構成部品をチェックすることで、経年劣化による影響を回避することができますよ。

機械式時計の弱点と保管場所の関係

続いては、機械式時計の正しい保管場所の紹介です。機械式時計に悪影響を与える要素として、振動と湿気が考えられます。小さな振動でも、長時間の振動で内部の構成がズレてしまう可能性があるのです。また、湿気によるカビも悪影響になる場合があります。このような弱点を考えた場合、できるだけ振動が少なく、湿気の影響を受けない密閉空間で保管する方法がオススメですよ。

手入れする際の注意点とは

メンテナンスの重要性がわかったところで、手入れする際のポイントも理解しておきましょう。機械式時計を分解する際は、ホコリが付着しないよう十分注意することが重要です。ホコリが多い場所で作業した場合、繊細な部品の中に付着してしまう可能性があります。たとえ微量のホコリでも、内部の構成部品に悪影響を与えることは十分考えられるのです。

今回紹介したように、機械式時計はとても繊細で緻密な構成部品です。正しいメンテナンスを心掛け、正しい保管場所に保管することが重要になります。このようなポイントをしっかり把握し、愛用している時計を少しでも長く使い続けましょう。

ブシュロンとは、「グランサンク」と呼ばれるパリの5大ジュエラー(5大宝飾ブランド)の一角を占め、古くから世界的に確固たる地位を築いている、フランス・パリ拠点の高級ジュエリー・腕時計ブランドです。